毎回有名な3大括りに隠れ一般に知られていない3大括りを紹介する

マツコ&有吉の怒り新党のコーナーのひとつ

「新・3大〇〇調査会」

10月28日の放送では

『新・3大市場には出回らない旨すぎる地魚』

が紹介されました。

今回はそんな市場には出回らないけど旨すぎな激シブ魚たちについて

調べてみたいと思います。

スポンサードリンク

今回のテーマは?

今回のテーマは

『新・3大市場には出回らない旨すぎる地魚』

DSC_0157

おいしいけれど、漁獲量が少なく、通常では

市場に流通していないけれども

とても美味しい地魚について紹介されていました。

今回の有識者は?

今回の有識者は、水産ジャーナリストの

西潟正人さん。

DSC_0159

  • 名前:西潟正人(にしがたまさひと)
  • 生年月日:1953年?月?日
  • 出身:新潟県

服飾の仕事をしながら、インドなど世界を放浪していたみたいです。

そのご魚好き料理好きが高じて、神奈川県逗子市に

地魚料理店「魚屋」開きます。

開店してから、約20年になります。

また水産ジャーナリストとしても、活動しており

  • 漁師の磯料理
  • 魚で酒菜
  • 漁師直伝
  • 漁師町のうめぇモン!
  • 市場食堂

など多数の書籍も発売しているみたいですね

またおおきめな計量カップでウーロンハイを飲むのが

大好きなのだとか(笑)

今回紹介された魚とお酒の相性がいいんでショウね(笑)

徳島県:アカタチ

DSC_0162

ひとつめに紹介されたのは、アカタチ。

アカタチ科(スズキ目スズキ亜目)の魚

まず訪れたのは、徳島県の大浦漁港。

DSC_0160

地元の漁師さんに船に乗せてもらい、漁に出かけました。

底引き漁でとるみたいです。

何とかアカタチを手に入れ港に帰りました。

食べ方は、塩焼き。

DSC_0161

身は淡白で、金目鯛に近い味みたいです。

静岡県:マツカサウオ

DSC_0166

ふたつ目は、マツカサウオ

キンメダイ目マツカサウオ科の魚

松ぼっくりに似ているところからそういわれるように

なったみたいです。

名前のとおり硬いうろこで包丁がなかなか通らないらしいです。

向かったのは、静岡県、網代漁港。

DSC_0164

ですが、ロケ日にはちょうど台風が接近していたため

大荒れの海(汗)

なんとか漁を終えて漁港に帰って確認したところ

マツカサウオはいない。

漁港にいる漁師さんにも確認しましたが

5t近くの漁獲量にもかかわらず

マツカサウオは一匹もいませんでした。

2日目も空振り(泣)

3日目も諦めかけたけれど、

親切な漁師さんが取りおいてくれました。

そして食べ方は、姿蒸し。

DSC_0165

包丁でさばけないため

アツアツのうちにうろこをはぎ

塩で味付けしていただきます。

味は、油のたっぷり乗ったエンガワみたいだそうです。

ですが、硬いうろこのため、地元の方々も

食べ方すら知らない方が多いみたいですね。

なかなか手に入れるのは難しいかも知れませんね(汗)

3っつめのエソについては次のページへ