和歌山県:エソ

DSC_0172

最後に紹介されたのは、エソ

ヒメ目・エソ科 の魚

向かったのは、和歌山県阿尾漁港

DSC_0167

今回の漁は、仕掛けをたらし、

釣り糸から伝わる感覚で、一気に引き上げるという

経験便りのつり方でした。

すると5分そこらでゲット(笑)

意外と簡単に釣れちゃいました。

食べ方は、刺身。

DSC_0170

刺身は鮮度が命ということで船上でいただきました。

あっさりだがじんわり甘い美味だそうです。

またエソは、小骨がとても多く、取り除くの難しいため、

1匹から10切れほどしか切り身が取れないみたいですね。

そのため、市場には出回ることはないみたいです。

スポンサードリンク

ですが、エソは癖がなく、歯ごたえのいため

骨ごとすり身にして食べるかまぼこには適しているみたいです。

そのため漁でとったエソは、かまぼこ業者が買ってくれるとのこと。

DSC_0169

また小骨ごとすり身にしての天ぷらも美味しいみたいですね。

地元では有名な食べ方みたいですが

阿尾漁港はクエでも有名な漁港のため

クエ一色みたいなの出してくれるお店は少ないかも知れません。

DSC_0171

今回の取材では、天ぷらは、料理自慢の地元の民宿の方に

エソを持参してわざわざ作っていただいていましたね。

最後に

今回紹介された魚は、地味?な魚が多いですね。

ですが、一見地味でも味は美味しいみたいですね

それに、西潟さんいわく焼酎にもあうみたいです(笑)

なかなか市場には出回らないものばかりなので

地元に行かないと食べれないかも知れませんね