ロワイヤル・ド・リュクス(ROYAL DE LUXE)が行う

巨大な操り人形劇が

フランス、ナントで開催されたのですがその模様を

10月17日放送の世界まる見え!テレビ特捜部

放送されるみたいですね

今回のまる見えでは

「度が過ぎちゃってすみません!無駄にデカいな〜」スペシャル

として世界中の無駄に大きい映像を紹介するみたいですね

タイタニック号沈没の物語を描いた巨大な操り人形劇とは

いったいどんな物語なんでしょうか?

気になりますよね

目次
  1. ロワイヤル・ド・リュクスとは?
  2. 巨大な操り人形劇とは?
  3. 日本でも巨大人形劇が?
  4. 今回の番組では?
スポンサードリンク

ロワイヤル・ド・リュクスとは?

エクサンプロヴァンスで設立されたパフォーマンス集団

フランス国内はもちろん、世界各地などでパフォーマンスを

行われています。

マネキンを使ったショー等も行っていますが。

巨大な人形などを使い、ひとつのストーリーに沿って

町中を練り歩くショーなどを行われています。

巨大な操り人形劇とは?

今回行われた巨大な操り人形劇は

あの悲劇の事故「タイタニック号沈没」にまつわる物語で

SEA ODYSSEY(リバプール)というものみたいですね

あらすじとしては

巨人のダイバーは沈没したタイタニックの残骸であるもの探していた。

やがて、彼は、兄弟の手紙を見つけ出す。そして、姪に船の運命を伝えるため、リバプールの街に上陸し、少女を探しはじめる…。

一方、彼の思いを感じ取ったのか、同時に少女の犬が目覚め、少女に訴えかける。少女は犬と共に伯父を探し始めるが、願いは叶わず、幾度とすれ違う。

最終的に2人は感動の再会を果たす。そして、2人はリバプールの街を駆け抜け、共にボートに乗り込み、手を振りながらリバプールの街を後にする。

出典:当時のパンフレットから抜粋

といったものみたいですね

動画もありましたのでこちらもどうぞ

出典:https://www.youtube.com/watch?v=kQfEAwBR9dY

人形大きいですね(汗)

しかも機械などで動かすんではなく、すべて手動で動かされていますね

またストーリーは事前に公開されず

数日間にわたって徐々に公開されていくみたいですね

日本で行われた巨大人形劇については次のページへ