元劇団四季のミュージカル俳優としても有名な

石丸幹二(いしまる かんじ)さん

2月19日放送のA−Studioに出演されるみたいですね。

1965年生まれの50歳ですが

いまだ独身を貫いていらっしゃいます。

そのルックスからは、女性にもてそうな気もしますが・・

そのためゲイ疑惑まで上がってしまっているみたいですね。

またご自身で作られる創作料理はかなり独特みたいですね。

今回は、そんな石丸幹二さんについて調べてみたいと思います。

スポンサードリンク

石丸幹二さんとは?

pc_01

出典:http://ishimaru-kanji.com/biography/profile/

  • 名前:石丸幹二(いしまる かんじ)
  • 生年月日:1965年8月15日
  • 出身:愛媛県新居浜市
  • 血液型:A型

多くの楽器を経験?

幼少の頃から高校生になるまでに

ピアノ、スネアドラム、トロンボーン、サクソフォーン

などの楽器に触れていたみたいですね。

高校(幕張西高校普通科音楽コース)にはいると

チェロも学ばれていたみたいです。

大学(東京音楽大学音楽学部器楽科)ではサックスを先行されていました。

ですが3年時に中退されています。

その後、東京藝術大学音楽学部声楽科に入学されています。

劇団四季でミュージカル?

石丸さんですが、大学に通われている間に劇団四季でデビューされます。

ちなみに演目は『オペラ座の怪人』ラウル・シャニュイ子爵役だったみたいです。

その後大学を卒業し、劇団四季にて活動されます。

2007年12月には、劇団四季を退団され

芸能活動を休止されました。

俳優としての活動を再開?

劇団四季を退団後1年の充電期間を設けて

2009年より俳優活動を再開されました。

その際は、舞台だけでなく映像の分野にも出演されるようになりました。

有名な作品で言えば

  • 時をかける少女(2010年):深町一夫役
  • 半沢直樹 第一部(2013年):浅野匡役
  • ルーズヴェルト・ゲーム(2014年):三上文夫役
  • アルジャーノンに花束を(2015年):蜂須賀大吾役
  • 新春時代劇 信長燃ゆ(2016年):明智光秀役

などがありますね。

ドラマ半沢直樹では、嫌な上司役を演じ話題になりましたよね。

音楽活動やゲイ疑惑、料理が独創的については次のページへ