伊藤若冲さんの作風は?

伊藤若冲さんの作品ですが

写実と想像を合わせた作風

動物や植物などを、色彩豊かに表現されたものが多いみたいですね

また19世紀末に誕生したと言われる西洋・新印象派の技法に

通じるものがあり、現在のデジタルアートにも似たものがあるみたいです。

また、家業で裕福だったのか

使われている画材なども当時の一級品のものが多く

現在でも保存状態がいい作品も多いみたいですね

そのため、作品も多く残っているみたいですね

また伊藤若冲さんは、生きている頃から

評価されていた作品が多いのですが、

日本では明治の頃にはあまり評価されていなかったみたいですね。

昭和になると再度評価されだしたみたいですけどね

理由ははっきりとわからなかったですが・・・

スポンサードリンク

伊藤若冲さんの作品は?

伊藤若冲さんの作品についてですが

2016年は生誕300年ということで

各地でベントなどで展示されているみたいですね

例えば、箱根にある岡田美術館では

若冲と蕪村江戸時代の画家たちと題し

展覧会が2016年12月18日まで開催されているみたいですね

その中に展示されている作品はこちら

image1_20160629

孔雀鳳凰図

出典:HP

などが展示されているみたいですね

最後に

伊藤若冲さんかなりすごい方みたいですね。

絵もかなり綺麗な絵が多いですね

今年は生誕300年ということで

展覧会も多いみたいなので

見に行くのも面白いかもしれませんね