KUNさんが転売屋を擁護してPSVR転売?

さて問題の件ですが

KUNさんですが、こんなツイートを挙げられて

みんな転売そんな嫌なの?工場から直接卸売するのも輸入も実店舗で買ったものを売るのも全部一緒やん

出典:KUNさんツイート

まあこの文言だけを見ると転売屋を擁護ととられるでしょうね(汗)

さらにはこんな動画も併せて挙げられています

出典:PSVR転売

KUNさんが法令について詳しく調べられているかどうかは別として

生活に必要になるものやチケットなどは別として

転売するのも、直接卸売するのも商品の流れとしては同じではないのか?

価格に関しても市場で価格競争が行われての価格ならば問題ないのでは?

ちなみにKUNさんは転売を推奨しているわけではないです。

まあぶっちゃけた話、転売って現在厳密に取り締まる法律がないんですよね(汗)

あるとしたら、古物営業法ですかね

これもいったん一般消費者の手に渡った物品を転売買して営業を行う者に

限定されていますから、明確に転売を取り締まるには

まだ十分とは言えないですよね

メーカー希望小売価格というものは

販売価格を制限する『定価』とは別物

法律上はいくらの値段で販売しようと問題はないのですよね(汗)

ちなみに日本において『定価』がついている商品は

書籍、雑誌、新聞、音楽、タバコ製品の

再販売価格維持が認められている商品ですね

スポンサードリンク

簡単に言うと、今回のPSVRであれば、

販売店が、店頭価格をメーカー希望小売価格の倍に設定しても

法律上は問題ない可能性が高いということですね(汗)

まあメーカーやユーザーはいい顔はしないでしょうけどね(汗)

そのため、問屋などがメーカー希望小売価格以上の価格で

転売屋などに販売するケーズもあるみたいですね

ユーザーや小売りはお店(問屋)からは

メーカー希望小売価格以上の価格では

購入してくれないけれど

転売屋は買ってくれることもありますからね

倫理的観点は除外して利益だけを考えれば

当たり前の行為といったら当たり前かも・・・

結局、転売を完全に法令で取り締まることは

独占禁止法などにひっかることも考えると

難しいかもしれませんね(汗)

ということで倫理的観点は除外して考えると

『違法でないから合法』ということですかね?

最後に

転売に関してはなかなか法整備が難しいみたいですね(汗)

まあ今回話題になったKUNさんは

問題を提起して、ご自身の意見を言っただけみたいですが

一部ではかなり盛り上がっているみたいですね(笑)