下北弁

松山ケンイチさんも使われている方言です。

主に青森県下北半島の大部分の地域(むつ市、下北郡、上北郡の横浜町、野辺地町北部)

で使われている方言となります。

下北弁の単語には南部弁と共通するもの、津軽弁と共通するもの、

青森県の方言全体に共通するもの、下北弁固有のものがある。

下北弁特有の言葉としては
  • わい、わら:私
  • ~さまい:~してください
  • ~さい:~しなよ
  • ~にし:~ね、~か
  • ~して:~だから
  • ~たって:~だけれども
  • ~みんた:~のようだ、~みたいだ

などがある。

スポンサードリンク

例えば、松山ケンイチさんが番組内でも使われていますが、

『わいが なば 幸せにさしてあげるして』

オレが お前を 幸せにしてあげる の意味

という方言となります。

津軽弁

青森県津軽地方で使われている方言です。

代表的な津軽弁
  • あっつい:熱い
  • おたってまった、こいでゃ、こいじゃ:疲れる、疲れた
  • かんぷげでる:腐ってる
  • け:食え・頂戴・おかゆ・かゆい・毛など
  • けやぐ:仲間・友達
  • こんつける:いじける
  • さしね:うるさい
  • したばって:だけど
  • じぇんこ:お金
  • たげ:とても
  • へば:それじゃぁ、さようなら
  • まいね:駄目、いやだ
  • まんま:ご飯
  • わ:私
  • わった:沢山
  • んだ:そうだ

などがあります。

南部弁

江戸時代の盛岡藩および八戸藩にあたる地域(南部地方)の方言です。

代表的な南部弁
  • おいであれ:いらっしゃい
  • あずかる:~を飼う
  • くすぐったい:もちゃこい
  • 恥ずかしい:しょす
  • なまけもの:からやぎ
  • 子供たち:わらさど
  • だめだ:わがんね
  • ~でしょう:ごった

などがあります。

津軽弁に対して、イントネーションがゆるやかで間延びした感じがします。

丁寧な表現が多く優しい感じがします。

ミスおしまこについては次のページへ