皆さんクラウドファンディングというものをご存知でしょうか?

言葉だけは聴いたことがあるという方も多いのではないでしょうか?

1月7日放送のカンブリア宮殿には

クラウドファンディングを提供する会社『READYFOR』の代表

米良はるか(めら はるか)さんが出演されるみたいです。

2011年のオープンから3200件以上のプロジェクトに携わり

支援金を集めているみたいですね。

今回はそんなレディーフォーやクラウドファンディングについて

調べてみたいと思います。

スポンサードリンク

クラウドファンディングとは?

群衆(Crowd)資金調達(Funding)

からなる造語で、インターネットを通じて不特定多数の人から

資金を集める仕組み。

資金を集める方法は大きく2つに分別されています。

寄付型

・・・資金提供者に金銭的見返りがない

購入型

・・・プロジェクトが提供する何かしらの権利や物を提供する。

たとえば、3000円の資金提供者には、オリジナルステッカーなど

また、日本では法律などによって個人間の送金や投資が制限されているため

購入型のクラウドファンディングのほうが認知度が高いみたいですね。

レディーフォーとは?

outline_img_01

出典;https://readyfor.jp/corp#anc03

  • 社名:READYFOR株式会社
  • 本社所在地:東京都文京区根津1-1-19 根津宮本ビル3F
  • 設立年月:2014年7月
  • 代表者:米良はるか
  • 資本金:1,000万円
  • TEL:03-5834-7032
  • 累計プロジェクト数:3200件以上
  • 支援金累計:16億円以上

レディーフォーは、プロジェクトを行う人と支援者の間に立つ企業で

プロジェクトを行う人と一緒に、

  • 「どうやれば支援金が集まるのか?」
  • 「どうすればプロジェクトが成功するのか?」

などを考えているみたいですね。

キュレーター?

レディーフォーでは、すべてのプロジェクトそれぞれに

キュレーターと呼ばれる担当者がつきサポートされているみたいですね。

プロジェクトを成功させるためには

支援者に向けてのアピール(プレゼン)が必要ですよね。

たとえば、50人の集客イベントにただ3000万かかるといわれても

お金を出しにくいですよね(汗)

その矛盾点などを客観的に見て、

支援金が集まりやすいように変更したり

どう内容を伝えれば、伝わるかなど

相談に乗ってくれるみたいですね。

個別にサポートがつくのは評判がいいみたいですね。

手数料や流れなどについては次のページへ