みなさんは、ミルクセーキと聞いてどんなものを思い浮かべますか?

飲み物と答える人が多いでしょう。

ですが、長崎ではミルクセーキは食べ物なんです。

8月13日(木)放送の秘密のケンミンSHOWでは

その辺りについても紹介されるそうです。

今回は食べるミルクセーキについて調べていきたいと思います。

またその作り方についても調べてみたいと思います。

スポンサードリンク

一緒に紹介された島原市のスイーツについてはこちら

和スイーツで女子会!?島原市のこだわりお取り寄せ!【ケンミンSHOW】

食べるミルクセーキとは?

24 - 1

出典:https://plus.google.com/116795345482645948694/about?gl=jp&hl=ja

練乳、砂糖、卵などで味付けされた、シャーベット状のかき氷に

バニラエッセンスやさくらんぼをトッピングされたスイーツです。

長崎市では、ミルクセーキといえば、

この形が普通だそうです。

その元祖とも言われているお店が

『ツル茶ん』(つるちゃん)

トルコライスも有名なお店ですが

食べるミルクセーキの発祥のお店でもあります。

ツル茶んとは?

icon_sr

出典:http://blogs.yahoo.co.jp/mokunosuke59

大正14年創業の長崎最古の喫茶店。

現在はトルコライスでも有名です。

食べるミルクセーキの作り方

ツル茶んでは、メニュー表に作り方を掲載しているらしく

食べるミルクセーキの作り方がありましたのでご紹介させていただきます

  1. 卵黄と練乳を泡だて器でよく混ぜる
  2. 砂糖を加えてよく混ぜる
  3. かき氷を加えて混ぜる
  4. バニラエッセンスなどで味を整える
  5. グラスに注いで完成!!

今回ご紹介したお店とは違いますが

長崎風のミルクセーキの作り方がありましたので

こちらもご覧になってみてください。

出典:https://www.youtube.com/watch?v=LG_AFG4KCS4

自宅でも簡単にできそうですよね

夏のおやつにいいのではないでしょうか?

ミルクセーキの歴史、ご当地アイドル「ミルクセーキ」については次のページへ