水溜りボンドさんと視聴者は結局誰が悪いのか?

結局今回の件は誰が悪かったのでしょうか?

結論から言えば

水溜りボンドさん、視聴者(子供)、親(保護者)みんな悪い

としか言いようがないのかもしれませんね

まずは、水溜りボンドさん

確かに注意喚起が足りなかったのかもしれませんね

まあ大人であれば理解できる内容でも

子供の場合理解できない場合もありますからね

ぶちゃけ注意喚起を十分していても

やる人はいるんでしょうけどね(汗)

あと、少し気になるのは謝罪動画がサブチャンネルで上がっている点

メインのチャンネルの登録者数は約110万人

それに対しサブチャンネルの登録者数は約30万人

視聴者への注意喚起ということも含めてならメインでやるべきだったのでは?

と疑問が持たれてしまう行為ですよね(汗)

もちろん水溜りボンドさんは動画を見る限り

きちんと誠意をもって対応しているようには見えますけどね

スポンサードリンク

続いて視聴者さん(子供)

危険なことだとはわからなかったのかな?

もう少し注意するべきだったかもしれませんね

まあ今回の件でかなり反省されているみたいですけどね

最後に保護者さん

監督不足の部分もあったのかもしれませんね

これを機に厳しくなりすぎても問題ですが

ある程度子供とのコミュニケーションも必要なのかもしれませんね

最後に

現状、ユーチューブに上がっている動画で

もっと危険な行為をされている動画はあるみたいです。

むしろ水溜りボンドさんは危険度は低い実験が多いですね

そういうことにはかなり注意されているように思えます

だから真似をされたのかもしれませんね(汗)

もっと危険な動画は、パッと見で危険だとわかりますからね

これなら、危険性は低いと思われたのかもしれませんね

水溜りボンドさんの動画は面白いものが多いので

これで委縮しすぎてしまって

つまらない動画になってしまわないようにしてほしいですよね