フラメンコダンサーとしても有名な

長嶺ヤス子(ながみね やすこ)さんですが

実は福島県猪苗代町のご自宅には

80匹の猫と20匹の犬がいるらしい(汗)

現在はフラメンコだけではなく絵を描いて生活しているみたいですが・・

そして4月18日放送の1分間の深イイ話に出演されます。

今回はそんな長嶺ヤス子さんについて調べてみたいと思います。

スポンサードリンク

長嶺ヤス子さんとは?(Wiki風プロフィール)

yasuko_10

出典:http://www.k-kikaku1996.com/yasuko/yasuko_j.html

  • 名前:長嶺ヤス子(ながみね やすこ)
  • 生年月日:1936年2月13日
  • 出身:福島県
  • 学歴:青山学院大学中退

3歳の頃からモダンバレエを学ばれていた長嶺さんは

19歳の頃にスペイン舞踊に出会います

24歳の頃まだ在学中だった大学を中退し、単身マドリッドに留学されます。

その後はスペインでプロダンサーとして活動されます。

ですが、その道は険しくご自身では『血みどろの修行』

をされたと言われていましたね(汗)

その『血みどろの修行』の結果、スペインで絶賛され数々の賞を受賞されます。

日本での活動を始めた頃には、長唄、三味線などの日本の音楽との融合をされています。

そういったこともあり世界中で活躍されることになりました。

猫との出会いは?なぜそんなに多くの猫を飼う?

長嶺ヤス子さんのお宅で飼われている猫や犬のほとんどは

元は野良猫などで保護されたものだそうです。

ですがなぜそんなに多くの猫や犬を飼うようになったのでしょうか?

実はそれには理由があるみたいです。

1980年2月19日の深夜、

長嶺ヤス子さんは野良猫をはねてしまったみたいです。

一瞬ほっとこうとも思ったみたいですが、

ご自身の身勝手さに気づき手当てをしたのです。

がしかしその猫は助けることはできませんでした。

その猫への謝罪の気持ちもあり、保護活動をしていたら

今の頭数になってしまったみたいですね。

しかも、当時は都内のマンションに住んでいたらしいのですが

福島県猪苗代町に家を借りて犬猫用に改造までされているみたいですね

まさに人生観を変えた出来事ですね

家の維持費やフラメンコ、絵については次のページへ