長野県伊那市では炒肉麺(チャーローメン)

略称でローメンが熱愛グルメみたいですね

そのラーメンでも焼きそばでも独特の麺料理は

地元では給食にも出されているみたいですね

さらには、11月10日放送の秘密のケンミンSHOW

で紹介されるみたいです

  • スープタイプのローメンといえば萬里
  • 焼きそば風ローメンといえばうしお

とも言われているみたいですが

その発祥については、ちょっといろいろとあるみたいですね

今回はそんなローメンについて調べてみたいと思います。

目次
  1. ローメンとは?
  2. ローメンの発祥は萬里?店舗の場所なども
  3. ローメンの発祥はうしお?店舗の場所なども
スポンサードリンク

ローメンとは?

240px-romen001

出典:wikipedia

蒸した太めの中華麺の上に

羊肉などの肉と野菜を炒めたものをのせた料理

ラーメン風のスープの加えるものと

加えないもの(焼きそば風)があるみたいですね

ローメンの発祥は萬里?店舗の場所なども

150x150_square_27992521

出典:食べログ

  • 店名:萬里 本店 (ばんり)
  • 住所:長野県伊那市伊那坂下入舟町3308
  • TEL:0265-72-3347
  • 営業時間(ランチ):11:00~14:00(L.O.13:30)
  • 営業時間(夜の部)17:00~22:00(L.O.21:30)
  • 定休日:月曜日

一般的に言われているローメンの発祥店は

伊那市の中華料理店「萬里」と言われています。

郷里の伊那で小さな中華料理店をはじめた店主

伊藤和弌(いとう わいち)さんでしたが

1955年当時は冷蔵庫がまだ一般的でなかったため

生麺の保存に苦労されていました。

そこで麺を蒸すことで日持ちさせる技法を考え出したみたいです。

そして、その方法で保存した麺の風味を生かして創作した料理が

ローメンみたいですね

当時は地元で羊毛生産が盛んだったみたいで

羊の肉を使われていたみたいですね

また当初は炒肉麺(チャーローメン)として販売されていたみたいで

中国語で炒肉麺というと、

豚肉を使った焼きそばを連想されることもあってか

いつの間にかローメンと言われるようになったみたいですね

萬里のローメンはラーメン風のスープの加えるものみたいですね

また伊藤さんですがこのローメンの名称使用を自由にされていたため

周囲の店にも広がり、

家庭料理や給食などでも取り入れられるようになったみたいですね

さらには、町おこしのために

ローメンズクラブも設立し、B-1グランプリなどに参加されています。

ただし地元以外の評価は厳しいことも多いみたいですが・・

さらには、6月4日をむしと語呂合わせでローメンの日とし、

ローメンが普段より安くふるまわれることもあるみたいですね

うしおさんについては次のページへ