会社を辞めたいと思ったことはありますか?

いろいろなハラスメントが横行している現在では

会社を辞める方が多くいらっしょると思います。

しかし会社を辞めるときに、提出する書類として

「辞表」「退職届」「退職願」というものがありますよね。

一見同じように思えるのですが

それぞれに提出するときが違います。

いったい何を提出すればいいのでしょうか?

今回はその違いや書き方について調べてみたいと思います。

スポンサードリンク

辞表とは?

13de490abce8831efc1307d14edb1eaf_s

ドラマや映画などでは、辞表を出している場面を多くみますよね。

ですが、辞表とは一般的な会社員は使わない書類です。

提出するのは、

  • 会社の運営に携わる役員
  • 公務員

などが退職する際に提出するものになります。

ですから、多くの場合は使用されない場合が多いです。

退職届と退職願の違いは?

退職願とは、退職をしたいという意思を会社に伝えるもので

会社からの承認が必要となります。

そのため、退職願を提出しても、

承認されるまでは原則として撤回も可能です。

それに対して、退職届は、明確な意思表示となり、

受理された時点で退職となります。

こちらは撤回はできません。

通常、自主都合で退職をする場合は、「退職願」を提出して

会社からの承認を待つ場合が多いみたいですね。

縦書きのほうがいいのか?

日本では、縦書きで作成することが多いみたいですが

横書きでも間違いという訳ではないみたいですね。

ですが、便箋や封筒などには縦書きなものが多いですし

横書きをマナー違反だといわれるかたもいらっしゃるみたいなので

縦書きで作成するほうが無難なのかなと思います。

提出前には、上司に相談したほうがいい?

退出を決めたら、まずは上司に相談しましょう。

基本的には自分で決めて提出するものなので、

いきなり提出してもいいのでしょうが

そうされると、上司としては、寂しいですよね。

円満退社を考えておられるなら、

まずは相談をしたほうが無難かと思います。

ハラスメントについて

パワハラ、マタハラなどのハラスメントなども

増えているいるみたいですね。

それについても記事を書いているので

あわせてこちらもご確認いただければと思います。

何か解決できるお助けになれば幸いです。

パワハラ反対!パワーハラスメントの実態と対処法

マタハラ(マタニティハラスメント)の事例と対策!国の是正勧告を無視すると実名公表

退職願や退職届に書き方については次のページへ