高級なネタでロボットが作った寿司

スーパーのネタで職人が握った寿司とでは、

どちらがおいしいのか?

11月14日放送の有吉のニッポン元気プロジェクト おーい!ひろいき村

では、そんな対決が行われました。

今回はその対決について調べてみたいと思います。

スポンサードリンク

寿司握りロボットVS職人の技とは

DSC_0233

築地で仕入れた高級な魚で寿司ロボットが作るお寿司と

スーパーの刺身を熟練の寿司職人が握った寿司の

どちらが美味しいのかを対決します

勝負は3番勝負で行われます

  • マグロ
  • イカ
  • ブリ

の3番勝負になります

寿司ロボット

DSC_0234

業界シェアの60%以上を占め鈴茂器工の

小型シャリ玉ロボットを使いシャリを握ります

一時間に4300貫の握りを作れる優れもの

伝統の職人技

DSC_0236DSC_0237

江戸前寿司の職人さんで代々木上原にある

すし久遠の店長の寿司職人暦20年の八田宏和さん

すし久遠さんは政治家や芸能人も多く訪れる名店です

審査員は?

審査員は、

服部幸應さん

DSC_0241

神田川俊郎さん

DSC_0242

森崎友紀さん

DSC_0243

の3人。

第1勝負『マグロ』

DSC_0244

ロボットチームは、築地で大間のマグロ(A)

職人チームは養殖のマグロ(B)

勝敗は

DSC_0245

Bの職人チームの圧勝

マグロによってシャリの大きさが変えられていたり

シャリもしっかり後に残る味だったとのこと

第2勝負『イカ』

DSC_0246

ロボットチームは1万円のアオリイカ

職人チームは、スミイカ

勝敗は

DSC_0247

またしてもBの職人チーム

イカの切り方や扱い方がとてもよかった

Bは塩の味付けにも塩を使った工夫があったとのこと

最後の勝負は『ブリ』

DSC_0248

ロボットチームは、函館産の寒ブリ

職人チームは、スーパーのブリ

結果は

DSC_0249

またしても職人チームの勝ち

まとめとしては?

ネタはしっかりしていても、

すべてのネタに工夫が施されていて

勝負が分かれていましたね

スタジオでも食べ比べをされていましたが

結果は一緒でしたね。

職人さんの技術はさすがといったところでしょうかね

最後に

今回なような対決も面白いですよね

次もまた面白い対決に期待しましょう。

よさこいやシンクロもまたやってほしいですよね