歯医者にとっての予防治療とは、

虫歯ができる仕組みを患者に理解してもらい、

ケアを徹底するといったものですが

多くの歯医者では、そこまで手が回っていないことも多いです。

しかし山形県酒田市にある日吉歯科ではそんな現状を変えようとしているらしい。

日吉歯科診療所理事長である熊谷崇さん

住民にたいしてセミナーなども開き予防治療を広めています。

また日吉歯科の歴代勤務医も独立し、各地で予防治療の普及に努めているらしい。

さらに熊谷崇さんは1月28日放送のカンブリア宮殿にも出演されるみたいですね。

今回はそんな熊谷崇さんや日吉歯科について調べてみたいと思います

スポンサードリンク

熊谷崇さんとは?

drkumagai

出典:http://www.hiyoshi-oral-health-center.org/message/index.html

  • 名前:熊谷崇
  • 生年月日:1942年○月○日
  • 出身:東京都
  • 学歴:日本大学歯学部卒業

1971年に横浜市港北区開業しました。

1980年には山形県酒田市に移転開業(日吉歯科診療所)

診療システムのモデルはボー・グラッセが提唱?

日吉歯科診療所では、歯科医療を身体の健康を維持するための土台

となる医療と考えているため、定期的にメンテナンスを継続することで

健康を維持するために診療システムを構築されています。

この歯科医療システムは、歯についての学問(カイオロジー)の

先駆者であるボー・グラッセさんの提唱した

メディカルトリートメントモデルを改良したものみたいですね。

熊谷さんが目指す歯医者は虫歯になったら行くところでなく、

虫歯にならないように通うところを目指しているみたいです。

また、熊谷さんは、歯を削ることは修理といい

虫歯の原因になる虫歯菌を減らさないと再発するともおっしゃっています。

日吉歯科は山形県酒田市で市民の1割が通う?

熊谷さんがいる日吉歯科には、山形県酒田市の人口約11万にのうち

約1割が通っているとも言われています。

それだけ評判がいいということですよね

また予防治療により20歳まで虫歯「0」を目指し

一生自分の歯のみで過ごせることを目指されているみたいですね。

歯磨きの仕方などを子供達にも教えたりもしているみたいですね。

それも、多くの人が通うことに関係しているかも知れませんね。

さらには、歴代勤務医も各地で予防治療などをされているみたいです。

歴代勤務医や新オープンの東京汐留の診療所については次のページへ