4024222b9a5b5ecdcb79aa8f0b036f41_l

結婚式と聞いて、「ジューンブライド」を連想する方も少なくはないと思います。

直訳すると『6月の結婚式』。

ではなぜ6月なのでしょうか?

ここでは、その由来についてお話していきたいと思います。

スポンサードリンク

ジューンブライトの由来

結婚式風船とばし

ジューンブライドの由来はいろいろな説があり明確にはなっていませんが、

代表的な由来としては、下記のような説が有力です。

女神「JUNO」説
6月の月名である「JUNE」と、ローマ神話で結婚をつかさどる女神である「JUNO」に由来しており、6月は結婚や女性の権利を守護する「JUNO」の月。
この月に結婚する花嫁はきっと幸せになるだろう、という言い伝えです。

気候・季節説
ヨーロッパの6月は1年の中で最も雨が少ない月で、気候なども適しています。
また、「復活祭」が行われる月でもあるため、ヨーロッパ全体がお祝いムードとなるので、多くの人から祝福される6月の花嫁は幸せになるだろう、という言い伝えです。

結婚解禁説
農作業の妨げとなることから、ヨーロッパでは3月、4月、5月の3ヶ月間は結婚が禁じられていました。
そのため、結婚が解禁となる6月に結婚式を挙げるカップルが多く、その分祝福も多かったため、多くの人から祝福される6月の花嫁は幸せになれるだろう、という言い伝えです。

引用:リンク

 

などがあげられます。

一番有力とされているのは『女神JUNO説』みたいですね。

これらはすべてヨーロッパを起源としており、

日本では後発的にこれらの言い伝えを導入した形となります。

では、どうやって日本でジューンブライドが広まっていったのでしょうか?

日本でジューンブライドが広まった理由

チャペルでの結婚式

日本でジューンブライトが広まった理由。

ちょっとがっかりしてしまうかも知れませんが、

それは、ズバリ『企業戦略』です。

ヨーロッパでは6月は気候もいい時期ですが、日本では梅雨の真っ只中ですよね。

昔は、今よりも式場設備なども悪く6月に結婚式をあげようという人も少なかったんです。

しかし、企業はそれでは、成り立たないですよね?

そこで広められたのがジューンブライトなんです。

1967年に 某ブライダル関係者が、売り上げ少ない6月をどうにかできないかと

ヨーロッパのブライダル事情を調べてジューンブライドを発見したそうです。

その後日本で導入したところ、今のように広まっていきました。

日本でのジューンブライド事情

花嫁

現在日本でも多くの方がジューンブライドを行われています。

芸能人の方にも多く見られますよね。

『企業戦略』で広められたといいましたが

その後、ジューンブライドは深く浸透しているため

競争が激しくなり、サービスもよりいっそう向上しています。

最後に

日本で広められたのは『企業戦略』という、夢のない理由ですが、

『6月の花嫁は幸せになれる』というロマンチックな言い伝えがある月はほかにありません。

もし、ジューンブライト考えられている方は、

言い伝えのとおりお幸せになることを願っています。