1967年(昭和42年)におきた

銀座No.1マダムAバラバラ殺人事件

約50年前に起きた事件ですが、

11月11日放送の爆報!THEフライデー

で取り上げられるみたいですね

銀座No.1マダム山崎美智代さんが殺害されバラバラで遺棄され

犯人として伊藤和義(本名:韓和義)さんが逮捕された事件ですよね。

若手歌手の死体遺棄の手伝いをさせられたとか・・・

番組でははこの若手歌手や真犯人についても話されているとのことです

今回はそんな事件について調べてみたいと思います。

若手歌手の名前なんかも気になるところですよね

スポンサードリンク

銀座No.1マダムAバラバラ殺人事件とは?

事件の登場人物は

  • 銀座No.1マダムと言われた山崎美智代さん(当時28歳)
  • 伊藤和義(本名:韓和義)さん(当時23歳)
  • 中野区でスナックを経営している男性A
  • 歌手志望の少年B(当時19歳)

銀座No.1マダム山崎美智代さんが殺害されバラバラで遺棄され

犯人として伊藤和義(本名:韓和義)さんが逮捕された事件

事件が発覚した経緯は?

事件が発覚したのは、

中野区でスナックを経営している男性Aからの

警察への通報から発覚した事件。

その通報の内容は

『同居しているの少年Bが、死体遺棄を手伝ったと言っている』

というもの

警察は早速その少年Bから事情をうかがったところ

歌手志望の少年Bは芸能関係のことを

伊藤和義さんからいろいろと教えてもらっていたみたいですね

そしてある日伊藤さんとドライブ中にあるお願いをされます

『叔母が可愛がっていた犬を誤って猟銃で死なせてしまった。

バレるとまずいのでバラバラにして捨ててしまうと思う。

捨てている間の見張りをお願いしたい』

というもの

まあこの時点でいやな話ですけどね(汗)

取り合えず手伝いはされたいなのですが・・・

手伝いを終え、伊藤さんのマンションに戻ると・・

そこには、犬の死体にしては、大きすぎる袋や

血痕のあとも犬のものとすると量がおおすぎるのでは?

と疑問が出てき、怖くなって

勤務先のスナックの男性Aに相談したとのことでした

さすがに少年Bも怖くなったんですかね?

殺害されたのは銀座No.1マダム山崎美智代さん?

少年Bから事情をきいた警察は

伊藤和義(本名:韓和義)さんから事情を聴きつつ

現場付近を捜索したところバラバラにされた人体を発見

詳しく調べるとその遺体は

銀座No.1マダムと言われていた山崎美智代さん

と発覚。

その後伊藤和義さんも犯行を自供したみたいですね

やはり人間だったみたいですね(汗)

銀座No.1マダム山崎美智代さんとは?

ここで山崎美智代さんについて紹介を

山崎美智代さんは北海道江別市出身で

上京してクラブなどで働くようになると

その美貌や話術にたけていてすぐに人気になったみたいですね

政財界の重鎮や芸能界の方々もよく指名されたりもしていたみたいです

その後銀座のクラブ・ブラックタイのマダムとして雇われるようになり

週刊誌やテレビなどでも話題に上がっていたみたいです

しかし、実際は派手な生活をされていたせいか

お金に困っていて、借金なども多くあったみたいですね(汗)

夜のお仕事は見た目にもお金がかかりますしね

さらには、従業員の給料とかも大変だったのかもしれませんね(汗)

山崎美智代さんが殺害された理由などについては次のページへ