youtubeで動画を出されている方(見ている方でも気づくかな?)

突如動画が消えてしまったということはありませんか?

もちろんYoutuber本人が消すということもありますが

動画を消されてしまった(Banされた)ということあるみたいですね

その理由にもいろいろとあるみたいで・・・

今回はそのあたりについて調べてみたいと思います。

目次
  1. Youtubeの利用規約とは?
  2. Youtubeの動画やアカウントを削除(BAN)される場合は?
  3. 第三者の行為によって動画が削除(BAN)される?
スポンサードリンク

Youtubeの利用規約とは?

Youtubeを利用するうえではYoutubeの利用規約に準ずることが必要ですよね

詳しくはこちらをご覧いただけばわかるのですが

参照:Youtube利用規約

重要なところを簡単にかいつまむと・・

  • 他人の著作権を侵害するような動画を出してはいけない
  • 動画の権利はすべてYoutubeにあるものとする
  • Youtubeのプログラムを改変しないこと
  • Youtubeアカウントを商用で利用しないこと
  • Youtubeのプライバシーポリシーを守ること
  • コミュニティガイドラインを守ること
  • 法令を遵守すること
  • この規約に違反していると判断した場合Youtubeは製作者に通告することなく、動画(もしくはアカウント)を削除可能とします

などなどいろいろとありますが、ご利用されるかたは各自でしっかりと

理解された上でご利用ください

Youtubeの動画やアカウントを削除(BAN)される場合は?

Youtubeの利用規約に違反された場合は突如として

動画やアカウントが削除(BAN)される場合があります。

もちろんこれは利用規約にある通り

事前通告は基本的にありません。

動画の投稿者本人が注意して、利用規約に違反しないようにしないといけません

ではどのような理由で削除(BAN)されることが多いのでしょうか?

ちょっと削除される要因としてよくありそうなことをあげてみたいと思います。

例えば・・・

  • 性的表現が激しいコンテンツ
  • 暴力表現が激しいコンテンツ
  • 危険行為を助長するようなコンテンツ
  • 著作権を侵害するようなコンテンツ
  • 宗教的差別表現など一部の対象に著しく不快にさせるコンテンツ
  • 不正なアクセス操作

などなど、細かく挙げればちょっときりがないですね(汗)

基本的にご自身の動画を作る際に気を付けていれば

まあめったなことがない限りは削除ということはないんですけどね

ただ一つだけ第三者の行為によって動画が削除される原因

となりうる場合もあるんですよね(汗)

第三者の行為によって動画が削除(BAN)される場合は次のページへ